ACS | Publications | C&EN | CAS | Log In To:

 


化学情報協会へのお問い合わせ

SciFinderやSTNについての資料請求,製品サポートやトレーニングなどは,化学情報協会にお問い合わせください.

 

 

CASの歴史

CASのルーツは米国化学会が1907年に初めて発行した雑誌Chemical AbstractsTM (CA)です.CAの目的は,世界で発表される化学および関連分野の文献を調査し抄録と索引を付けることで研究者の助けとすることでした.

CAS の紹介と歴史 (pdf,英語)

それから時を経てCASは,CAS REGISTRYSMやCAplusSMなどのデータベースを通じて,化学および関連分野の最新情報を直ちに全世界の科学界に提供する化学情報の世界的権威へと成長しました.

                

出来事
1907 William A. Noyesを初代エディターとして1907年1月にChemical Abstracts (CA)が創刊されました.最初の1年間に抄録された記事は12,000件足らずでした.CAは当初,米国国立標準局にオフィスを置いていましたが,後にイリノイ大学アーバナ校に移しました.
1909 CAの編集作業の拠点をオハイオ州立大学コロンバス校のキャンパスに移しました.
1956 CAはChemical Abstracts Service (CAS)となり,米国化学会の一部門となりました.
1965 CAS Chemical Registry Systemの導入により科学研究の新時代が開幕しました.各物質が固有のCAS登録番号により,命名法の曖昧さに煩わされず同定できるようになり,化学研究のみならず安全衛生情報や様々な媒体での化学情報の流通においても大きな恩恵となりました.
1966 CASの運営陣と技術チームが自動処理システムを開発し,印刷版のCAと索引の編集作業が効率的になっただけでなく,コンピュータで読める形式のデータベースができ,新しい種類のサービスにつながる可能性が出てきました.CASは早くから新しい写植技術を導入しており,更に印刷版と並んでマイクロフィルムと磁気テープを作成するようになりました.
1980 CAS ONLINEが発足し,ユーザー(主として情報専門家)がCAS REGISTRYデータベースを検索できるようになりました.特定のインテリジェント画像端末を用いてメニューから構造上の特徴を選択し,画像タブレットとタッチペンで組み立てることができました.この端末では回答を構造図と一緒に表示することができました.
1983 米国化学会はFIZ Karlsruheと提携し,国際的なオンラインネットワークを共同で構築することとなり,科学技術情報ネットワークSTNRが翌年発足しました.このネットワークでは分散処理により世界各国からデータベースにアクセスできるようになりました.当初はCASデータベースとPhysics Briefsのみが提供されていましたが,その後多くのプロバイダのデータベースもSTNに導入されました.
1988 STN Express®ソフトウェアによりPC上の検索が可能になり,間もなくSTNユーザーに最も好まれるインターフェースとなりました.
1995 CASはコマンド言語を用いずCASデータベースに直接アクセスできるツールSciFinder®をリリースしました.SciFinderの直観的な画像インターフェースによって,世界の科学文献,特許,物質情報の検索が研究作業の一部として容易に行えるようになりました.
1997 CASはインターネットを利用することで原報へのアクセスが迅速簡便に行えることを認識し,オンライン検索で得られた雑誌論文や特許の全文へのリンクを提供するChemPort®をCASおよびSTNの電子情報サービスに導入しました.
2005 CASは科学情報の入手と利用を一層容易にするための電子情報サービスの開発を継続し,その成果としてCASとFIZ KarlsruheはSTN® AnaVistTMをリリースしました.これにより検索結果を種々の観点から分析し可視化することが可能になりました.
2007 CASは創立100周年を迎え,米国化学会からNational Historic Chemical Landmarkに認定されました.
2008 検索機能を強化したウェブ版SciFinderが公開され,世界のどこからでもCASのデータベースに直接アクセスできるようになりました.
2009 CAS REGISTRYデータベースに5,000万件目の物質が登録されました.これはCASにとってだけでなく科学界全体にとっても記念すべき出来事です.CASがREGISTRYに蓄積してきた科学知識が,世界の研究者による発見の継続を可能にしています.
2010 米国特許商標庁(USPTO)はCASと5年間のSTN定額契約を結びました.その要請文書には次のように述べられています.「CASのSTNデータベースは,他の商用データベースと比較して,化学関連分野において最も包括的な収録内容を提供しています.さらに,CASは独自の化学構造検索機能を提供している唯一の機関であり,他のどのサービスもUSPTOの要件を完全に満たすことはできません.」
2011 中華人民共和国国家知識産権局(SIPO)に出願された特許中の物質が,CAS REGISTRYへの 6,000万件目の登録物質となりました.CASの調査結果によると,中国の化学特許の出願数は 2009年に世界最多となっています.CAS REGISTRYへの登録物質数が 5,000万件を達成してから僅か2年弱でさらに1,000万件の物質が追加登録されたことは,世界的に化学および科学全般の研究成果が加速度的に増えていることを示すものです.CASではこれに対応するため,多くの専門家がそれぞれの母国語で発表される多数の文献を分析・編成・管理しており,情報の網羅性と質を維持しています.
2012 STNを運営するCASとFIZ Karlsruheは,STN新プラットフォームVersion1のベータ版を定額契約ユーザーに公開しました.これ数年にわたる次世代STN開発計画の最初の重要な一歩で,基本的な検索と表示機能が実装されました.最初のリリースではCAS REGISTRY,Chemical Abstractsの全データおよびトムソン・ロイター社のDerwent World Patents Index®のコンテンツと強力な新検索機能が組み合わされています.CASは韓国特許庁から公開された医薬特許の化合物を7,000万件目の物質に登録しました.特許は引き続き,化学情報における重要な情報源です.実際,2012年に登録された新規物質の70%以上が特許に由来しています.CASの科学者は世界の63機関の発行する特許を分析・編成・管理しております.
2013 CASは化学品カタログから7,500万件目の物質をCAS REGISTRYに登録しました.21年以上にわたってCASプレジデントを務め2014年3月に引退したRobert J. Massieの後任として,Manuel (Manny) GuzmanがCASのプレジデントに就任しました.SciFinderは,洗練されたデザイン,Javaプラグインを利用しない構造作図ツール,API機能,Springer,Thieme Publishing Group,PerkinElmerとの連携など,コンテンツと機能を強化しました.STN新プラットフォームは,新機能の強化や特許全文データベースの追加など2回バージョンアップを行いました.中国現有化学物質名録の2013年版をCASの化学物質の規制に関するデータベースCHEMLIST®に収録しました.
2014 CASとPerkinElmerは,SciFinderと化学分野での代表的な作図ツールであるChemDraw®の連携機能をリリースしました.STNでは世界中のSTNユーザーに対し,完全定額プラン - STN Global Value Pricing - の提供を開始致しました.CASはCASREACT®ファイル中に世界中の学位論文に掲載された反応情報を追加しました.
2015 構築から50周年を迎えた,世界最大の化学物質データベース CAS REGISTRYに1億件目となる化学物質が登録されました.CAS は3つの新しいソリューションをリリースしました:PatentPak™―特許調査を効率化するオプション機能でSciFinder と Classic STN 上で利用可能; NCI™ Global―化学物質規制情報検索ツール; CHEMCATS® Chemical Supplier Program.世界の研究開発事業への継続的なコミットメントのために,CAS は世界中に専門のセールスとサポートスタッフを配置しました.